◆当サイトを閲覧するにあたっては、以下の環境を推奨いたします。

[ブラウザ] 
Internet Explorer6.0 以上 ・ Netscape Navigater7.1 以上
[フラッシュプレイヤー]
インストールされてない場合は以下よりダウンロードし、インストールしてください。

最新情報

●「機関紙「和風」2016年冬号 発刊」

明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願い致します。
茶道 上田宗箇流 機関紙 「和風」 2016年 冬号が発刊となりました。
江雲茶会や、春日大社式年造替献茶式、JC全国大会などの記事が掲載されています。
是非ご覧ください。

●「機関紙「和風」2016年秋号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙 「和風」 2016年 秋号が発刊となりました。
表紙は上田家二代重政 二重切竹花入となっております。
この度は若宗匠の特別対談も掲載しております。是非ご覧ください。

●新装版 茶道上田宗箇流

「新装版 茶道上田宗箇流」の発売を開始致しました。
表紙も新しくなり、写真や解説も大幅に改訂されております。
是非ご覧ください。

●「行事風景ページ」更新いたしました

「行事風景」のページを更新いたしました。
是非ご覧ください。

●「機関紙「和風」2016年夏号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙 「和風」 2016年 夏号が発刊となりました。
現在のシリーズ表紙は上田家歴代当主ゆかりの道具となっています。
是非ご覧ください。

●謹んで「平成28年熊本地震」災害被害のお見舞いを申し上げます。

この度「平成28年熊本地震」により被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。
地震被災地の一日も早い復興をお祈りしますとともに、お亡くなりになられた方に謹んで哀悼の意を表します。

公益財団法人 上田流和風堂

●「機関紙「和風」2016年春号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2016年 春号が発刊となりました。
是非ご覧ください。

●「新年の御挨拶」

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

※情報更新
・ホームページテーマカラーを変更しました。
・上田家歴代家元解説の情報を追加しました。

●「機関紙「和風」2015年冬号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2015年 冬号が発刊となりました。
是非ご覧ください。
今号も古田織部特集となっております。

●佐川美術館「没後 400 年 古田織部展」

会 期: 2015 年 10 月 10 日[土] ~ 11 月 23 日[月・祝]
会 場: 佐川美術館
    〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川 2891
TEL : 077-585-7800
FAX : 077-585-7810
開館時間: 午前 9 時 30 分 ~ 午後 5 時
(入館は午後 4 時 30 分まで)
休 館 日: 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入 館 料: 一般¥1,000(¥800)/ 高大生¥600(¥400)
( )内は 20 名以上の割引料金 中学生以下は無料
※ただし保護者の同伴が必要
※ 専門学校・専修学校は大学に準じる
※ 障害者手帳をお持ちの方(手帳をご提示ください)、付添者(1 名のみ)無料
主 催: 公益財団法人佐川美術館、NHK 大津放送局、NHK プラネット近畿、京都新聞
特別協力: 公益財団法人上田流和風堂
協 賛: 日本写真印刷
制作協力: NHK プロモーション
後 援: 滋賀県、滋賀県教育委員会、
    守山市、守山市教育委員会
協 力: SG ホールディングス株式会社、
    佐川急便株式会社、佐川印刷株式会社

上田流和風堂より、貴重な伝来所蔵品数点を出品しております。
貴重な機会ですので是非お越しください。

●岡山県立博物館 特別展「破格 --桃山備前--」

岡山県立博物館
特別展「破格 --桃山備前--」
会期:平成27年9月18日(金曜日)~11月8日(日曜日)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、9月24日(木)、10月13日(火)

安土・桃山時代に制作された,「茶の湯」にかかわる備前焼を一堂に集めた展示を行います。
陶芸家や茶人の方の協力を得て,「破格」とも表現される「桃山備前」の魅力を様々な視点から紹介します。
上田流和風堂より、宗箇作「さても」を含む伝来所蔵品数点を出品しております。
貴重な機会ですので是非お越しください。

●「機関紙「和風」2015年秋号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2015年 秋号が発刊となりました。
是非ご覧ください。

●「機関紙「和風」2015年夏号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2015年 夏号が発刊となりました。
是非ご覧ください。

●「機関紙「和風」2015年春号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2015年 春号が発刊となりました。
是非ご覧ください。
今号も古田織部特集となっております。

●「新書籍発売開始のお知らせ」

<和風堂文庫 二>
「宗箇様御聞書」を読む
著 熊倉 功夫
発行 公益財団法人 上田流和風堂
印刷 株式会社 第一学習社
1500円(税抜)

「宗箇様御聞書」とは、、、
元禄9年に没した上田家茶事預かり師範野村家2代野村円斎他数名が、宗箇が折に触れて話した茶の湯に関する内容を書き留めた冊子。
全64頁で平成10年に発見された。
「カヨイ」「織部格」などの当時の茶の湯空間の工夫、利休・織部の道具に対する解釈が生々しく語られており、織部や宗箇の茶の湯の創意を知る上で大変貴重な資料。

この度発行となったこちらの書籍では、原文、現代語訳、解説を網羅。
上田宗箇流の茶の湯を知る上で、最も基本的な伝書である。

●「没後400年 古田織部展」【広島展】

8万人以上の来場者を記録した東京展が、先日閉幕し、続いて広島県三次市で広島展が開幕します。
是非お越しくださいませ。

「没後400年 古田織部展」
【広島展】
奥田元宋・小由女美術館(広島県三次市)
2015年3月2日(月)~同年4月12日(日)

主催
【広島展】奥田元宋・小由女美術館、NHK広島放送局、NHKプラネット中国
特別協力 公益財団法人上田流和風堂
制作協力 NHKプロモーション

●「没後400年 古田織部展」

上田流和風堂特別協力で、没後400年古田織部展が開催されます。
スタートは東京展より。
和風堂からも多数所蔵品を出展しております。
是非皆様お越しくださいませ。
<没後400年 古田織部展>
・銀座 松屋 8階イベントスクエア
・2014年12月30日(火)から2015年1月19日(月)
・10:00-20:00 ※入場は閉場の30分前まで。
(12月31日(水)は18:00、1月2日(金)は19:30、最終日は17:00閉場/1月2日(金)は9:30開場/1月1日(祝・木)は休業)

●「機関紙「和風」2014年冬号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2014年 冬号が発刊となりました。
是非ご覧ください。
今号も古田織部特集となっております。

●「講演情報」

若宗匠が出演されるシンポジウムです。

デザインシンポジウム " SPADE ”
( Super Presentation Assembly for Design Encouragement )
2014年11月16日(日)
広島県立美術館 BF講堂
広島市中区上幟町2-22
13:30~17:00 ( 開場 / 13:00 )
~ スゴい人、実はあなたの近くにいます。" SPADE " ひろしま牽人プレゼンテーター ~
今、広島を牽引する方々は、自らの持てるビジョンの実現に対して、様々なデザインをしています。
モノをいかに使いやすく、分かりやすく機能させるか。
見る ・ 触れる ・ 聞くことから、どう伝わるのか。
デザインシンポジウム広島 「 SPADE ( スペード ) 」 のプレゼンテーションで、革新し続ける 「 ひろしま牽人 」 たちのデザインの力を体感してください。
きっと知られざる世界から広がる言葉の数々が、新たな発見を掘り起こしてくれます。

●「機関紙「和風」2014年秋号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2014年 秋号が発刊となりました。
是非ご覧ください。
今号も古田織部特集となっております。

●「若宗匠 講演情報」

以下の講演に出演されます。
ご興味のある方はポスターに記載のあるお問い合わせ先まで。

広島県主催
中山間地域振興リレーシンポジウム
「地もとーく」(入場無料)
2014年8月30日土曜日
11:00~16:00
千代田開発センター

●「機関紙「和風」2014年夏号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関誌「和風」2014年夏号が発刊となりました。
・掲載写真が大きくなりました
・文字が読みやすくなりました
・その他改良を加えました
是非ご覧くださいませ。

●「機関紙「和風」2014年春号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2014年 春号が発刊となりました。
是非ご覧ください

●「機関紙「和風」2014年冬号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2014年 冬号は発刊となりました。
是非ご覧ください。

●「ホームページリニューアル」

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2014年1月1日よりホームページをリニューアルいたしました。
・稽古場一覧を見やすく致しました
・オンラインショップ商品が増加しました
・ホームページカラーデザインを変更しました

●「谷原章介が迫る 秀吉が愛した武将茶人 上田宗箇流400年のウツクシキ」

11月9日に中四国エリアで放映がありました、
谷原章介が迫る「秀吉が愛した武将茶人~上田宗箇流四〇〇年のウツクシキ~」
日本各地での放映が決まりました。また広島エリアでの再放送も決まりました。
前回見逃された方、前回は放映圏外だった方、いらっしゃいましたら、ぜひご覧くださいませ。

●「2014年1月より、ホームページリニューアル+通信販売新商品販売開始」


2014年1月1日より、当ホームページでのネットショッピングで購入できる商品が、大幅に増加いたします。
先の宗箇展で販売されました、上田宗箇グッズが小物を中心に展開されますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

●「機関紙「和風」2013年秋号 発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2013年 秋号は発刊となりました。
是非ご覧ください。

●「機関紙「和風 2013年夏号」発刊」

茶道 上田宗箇流 機関紙「和風」2013年 夏号は発刊となりました。
是非ご覧ください。

●「ひろしま菓子博2013 森の茶席」

平成25年4月18日~22日までひろしま菓子博のパビリオンの1つ、「森の茶席」を18日の内覧会~22日まで上田宗箇流が担当致します。
また、グリーンアリーナ内では展示用に、上田流和風堂所蔵の茶道具を数点出品も致します。
是非お越しください。

●「公益財団法人へ移行致しました」

平素より格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
財団法人 上田流和風堂は、2013年2月13日をもって「公益財団法人 上田流和風堂」へ移行致しました。これもひとえに多くの関係者の皆様のご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
今後も、上田宗箇の精神を継承し、日本・広島の伝統文化として、より一層公益性の高い活動を行って参りますので、今後ともご支援ご協力賜りますようお願い申し上げます。

●「和風・英訳配信スタート」

和風2013年春号より、
宗冏家元筆 「巻頭言」と、
一滴道人筆 「禅話講話」の2つのコンテンツについて、
無料英訳配信をスタート致しました。
下記よりそれぞれダウンロードが可能です。
是非、ご利用ください。

和風・英訳ダウンロード/「巻頭言」
「Message from Grandmaster Sōkei」- Download English here

和風・英訳ダウンロード/「禅話講話」
「Lectures on Zen Phrases」- Download English here

●「謹んで新年のお慶びを申し上げます。」

明けまして御目出度う御座います。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

和風堂 次之間 床
「伝来梅花鶯図 上田宗箇 筆」
「前万年青」

●「もう1つの萩茶碗 ひろしま」

幕末の15代 茶事預師範 中村快堂が残した「茶法寸方之類 并 銘物土器鑑定之覚」に、「萩茶碗大小、中に白薬でひろしまと有り」と記載があり、その後行方の分からなくなっていたもう1つの萩茶碗が、この度和風堂に戻ってきました。 公開の予定はまだありませんが、覚書にあったお道具が平成の世で再び揃いました。

●「和風堂 遠鐘・鎖の間再現茶室一般公開開始」

 東京と広島で開催され、トータルで13万人のご来場を頂きました「上田宗箇 武将茶人の世界展」。その際、展示会場に和風堂の「鎖の間」と「遠鐘」が再現されました。その再現茶室がこの度、一般にご覧いただける場所へ移設されました。
 再現された茶室は全体の名として、「千鐘亭(せんしょうてい)」、遠鐘を模した数寄屋は「鐘聲(しょうせい)」、鎖の間は「心径(しんけい)」と家元が命名されました。是非一度お越しください。
 会場の詳細は以下のホームページからもご覧いただけます。

●「入城400年記念 八代城主・加藤正方の遺産」

会期:2012年10月26日~12月2日
会場:八代市立博物館未来の森ミュージアム
和風堂からも加藤風庵ゆかりのお道具を出品致しますので、お時間がある方は是非ご来場ください。

●清静会員、限定募集開始。

上田流和風堂友の会「清静」会員の枠に空席ができました。
常時会員200名のみの会ですので、
この機会に是非お申し込み下さい。
武家茶道に興味がある方はどなたでもお申し込み可能です。
受付は先着順となります。
会員限定の和風堂の企画、一般の方は参加できない
上田宗箇流の茶席や添釜へのご案内、 講演会や機関誌、
その他特別情報をお届け致します。

●MONOQLOプライム Vol.3

株式会社普遊舎 発行 「MONOQLOプライム Vol.3」にて

「武士たちの「数寄」の美学 戦国武将茶の湯物語」特集にて、 扉絵の遠鐘写真、上田宗箇作の竹花入などが掲載されております。 是非ご覧下さいませ。

●上田宗箇 武将茶人の世界展

「上田宗箇 武将茶人の世界展・銀座松屋会場、ひろしま美術館ともに 無事終了致しました。東京展80000人以上、広島展50000人以上のと、 本当に多くの方々にお越し頂きました。 ご協力頂きました皆様、関係者の皆様、お越し下さいました皆様へ 心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。」

●新刊発売のお知らせ

-「茶道長問織答抄」を読む 著:熊倉 功夫-

 長きにわたり、機関誌和風に連載されていた「茶道長問織答抄」。熊倉 功夫氏に改稿をお願いし、和風堂文庫として出版致しました。浅野幸長が古田織部に尋ねて書き記した茶の湯の聞書で、この二人の間で幸長に代わって質問したり、自ら織部に尋ねこの聞書の成立を助けたのが上田宗箇でした。原文・大意・解説と並べて読みとることで理解を深めることができます。是非この機会にご一読下さいませ。

ご購入はこちら。

●新刊発売のお知らせ

「上田宗箇流の上田宗箇流茶の湯 入門編」 が、フルカラーP128でリニューアル致しました。 写真を中心に作法や点前をわかりやすく解説。 またこれまでよりも内容も大幅に増え、 価格もお買い上げ頂きやすくなりました。 是非この機会にお買い求め下さい。

上田宗箇流茶の湯 入門編 上田宗冏・上田宗篁 著

B5判 128頁 4色刷 カバー付 [2011年発行]

 桃山時代に生まれた武家茶道を今日に伝える代表的な流儀の1つである上田宗箇流の入門書。 基本姿勢,帛紗捌き・柄杓の扱いなどの割稽古から薄茶・濃茶点前,炭手前,茶事の客作法まで,上田宗箇流の特徴的な動作を,豊富なカラー写真でわかりやすく解説。 茶の湯の歴史と上田宗箇流,宗箇の茶室・作庭,上田家広島城内上屋敷構成再現なども紹介。

▶︎詳しくはこちら

「御家元 出演トークショー」

・4月12日 御家元 出演トークショー
-錦織の魅力展-
於 オリエンタルホテル広島

「若宗匠 出演座談会」

おこたで。
~今、伝え継ぐこと~
2012年03月11日(日) 14時00分 ~ 17時00分
教室:ひろしま美術館

「へうげもの~武将茶人のダンディズム~」

<上田宗箇展・広島 関連事業>
・2月25日(土)広島県民文化センター 入場無料
「へうげもの~武将茶人のダンディズム~」
13:00~15:00
出演:竹内順一(永青文庫館長)
   金山一彦(アニメへうげもの 上田宗箇役)
   上田宗篁
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0135341/index.html

●里文出版 発行 「目の眼2月号」にて

 特集記事として「武将茶人上田宗箇 桃山の遺風を継ぐもの」、「十六代家元・上田宗冏氏インタビュー」、「上田流和風堂を訪ねて」、「追善茶会レポート」など、25Pに亘り掲載されております。是非ご覧下さいませ。
 また目の眼の購読につきましては下記サイトをご参照下さい。 http://www.ribun.co.jp/me/index.html

●世界文化社 発行「家庭画報12月号」にて

上田宗箇の特集記事が9Pに亘り掲載されています。 宗冏家元と竹内順一氏(永青文庫館長)のやりとりや上田宗箇の作品、 上田流和風堂の様子が掲載されています。是非ご覧下さいませ。 また家庭画報の購読につきましては下記サイトでご参照下さい。 http://www.sekaibunka.com/buy/exec/buy/index_1.html

●上田家伝来茶入の仕覆 裂地の一部から復元

●行事風景ページ更新

行事風景の写真を追加いたしました。

● 上田家古文書105点 広島市重要有形文化財に指定(2009年3月)

上田家に伝わる江戸期の古文書105点が広島市有形重要文化財に 指定された。広島市としてはこれまで例のない一括指定。

▶︎詳しくはこちら

●楊彜筆(2009年1月)

「上田家伝来品より貴重な資料を発見」
「楊彜筆 七言律詩」

上田宗箇流友の会『清静』会員随時募集中
「清静」とは、門弟や関係でなくとも、招待制の茶会に参加したり、年1回に広島・上田流和風堂で開催される会員限定の茶会に参加できる、一般の方々を対象とした、友の会です。 茶の湯の経験がなくても、知識がなくても全く問題ありません。 武家茶道に興味がある方、また上田宗箇流に興味がある方は是非どうぞ。
詳しくはこちら


所作の基本

お辞儀の仕方~男性~

お辞儀の仕方~女性~

その他の動画

Copyright (C) 2016 Uedaryu-Wafudou All Rights Reserved.