▲TOPへ

【お知らせ】上田流和風堂特別公開






浅野氏広島城入城400年記念事業・上田宗箇入国400年記念“終”事業
上田流和風堂特別公開 戦国猛将と茶の湯~塙(ばん)団(だん)右衛門(えもん)と上田宗箇(うえだそうこ)のその後~(※仮称)

■日 時■
2020年3月下旬~4月上旬(※予定)

■会 場■
上田流和風堂(広島市西区古江東町2-10)

■概 要■
大阪夏の陣で死闘を繰り広げた団右衛門と宗箇。一番槍をあげた宗箇は、後に浅野家の広島城入城に客分として同道し、広島に武家茶道 上田宗箇流の種をまき、子孫は古田織部・上田宗箇以来の桃山の武家茶の伝統を今日に伝えました。一方討ち死にした団右衛門の長男は、母方の櫻井姓を名乗り、福島正則の家臣となり、福島家の広島転封に従い、この地に移住しました。福島氏が広島を離れると、可部でたたら業を営み、後に高野から藩境を超えて出雲に進出し、奥出雲御三家と称されるまでに発展しました。今回の特別公開では、今日まで伝わる櫻井家と上田家の大坂夏の陣関連の武器・武具と、両家ゆかりの茶道具の名品を展示し、当時の縁を偲びます。
2020年の和風堂特別公開以降、和風堂の一般公開事業の計画は当面ございません。浅野氏広島城入城400年記念事業の最後を飾る上田流和風堂特別公開、多くの方のご来堂を心よりお待ちしております。  詳細は決まり次第、ご予約方法、ならびに事業内容の紹介を公益財団法人上田流和風堂ホームページ(https://ueda-soukoryu.com)などで追ってお知らせして参ります。 (※記載内容は変更となる場合がございます。ご了承下さい。)



Copyright (C) 2019 Uedaryu-Wafudou All Rights Reserved.